【今、大注目の教育法!】モンテッソーリ教育ってなあに?

アイキャッチ
  • URLをコピーしました!
目次

はじめに

「子どもが持つ才能を伸ばしてあげたい!」
「変化の激しい世の中でも、生き抜く力を身につけてほしい!」

子どもを愛する親ほどこのように強く考え、悩み、そして時には行き詰まってしまうこともあると思います。

全世界の親御さんが痛感していらっしゃるかと思いますが、子育てというものはなかなか思い通りにいかないものですよね。

僕自身も、「子どもとどう接すればいいのか?どのようにしたら才能を引き出し、素敵な未来を作ってあげられるのか?」と悩んでいた時期がありました。

そんな中、モンテッソーリ教育という考え方に出会い、子育てとの向き合い方を見直すことで、悩みの雲が一気に晴れたような感覚になりました。

モンテッソーリ教育を学ぶことで自分の中に子育ての軸ができ、自信を持って子どもと接することができるようになりました!

モンテッソーリ教育って、なに?

モンテッソーリ教育とは、ひとことで言うと「子どもをよく観察し、成長段階に合わせた環境を整えてあげる」という教育法です。

モンテッソーリ教育は、1900年代初頭にイタリアの精神科医であるマリア・モンテッソーリが考案しました。

『子どもには生来、自立・発達していこうとする力(自己教育力)があり、その力が発揮されるためには発達に見合った環境(物的環境・人的環境)が必要である』

https://sainou.or.jp/montessori/about-montessori/thought.html

マリアは現場での障害児教育を経て、「全ての子どもには自己教育力があり、自然のプログラムに従って発達している」という共通点を見極め、その理念を実現させるモンテッソーリ教育を確立させました。

子どもを注意深く観察することで、子どもが今どの段階にいるのか、何を学ぼうとしているかを感じ取ることからモンテッソーリ教育は始まります。

今でこそ、GoogleやFacebook、Amazonなどの創業者や、将棋界のレジェンド藤井聡太棋士などが学んだ教育法として有名になったモンテッソーリ教育ですが、その原点は“子どもの育て方は子どもから学ぶ”というものでした。

子どもの育て方は子どもが教えてくれる

モンテッソーリ教育の特徴

モンテッソーリ教育では、「子どもの発達に最適な環境を整えてあげる」ことをとても大切にしています。

「子どもには、自分を育てる力(=自己教育力)が備わっている」という考えのもと、保護者は子どもが集中できる環境を整えてあげます。

子どもには『敏感期』と呼ばれる、何かに強く興味を持ち、集中して同じことを繰り返す限定された時期があります。

子どもの敏感期に沿った経験ができる環境を整えてあげる(=必要なときに、必要なことをしてあげる)、この『適時教育』こそが、モンテッソーリ教育の真骨頂と言えます。

※『藤崎達宏 著:マンガで読む おうちモンテッソーリ教育のはじめ方』より一部改変して作成

教材や教師により敏感期の分け方や呼び方に違いがありますが、当サイトでは上記の9つを敏感期として取り上げていきます。

敏感期は、その時期に得られた経験値が通常の何倍にもなるボーナスタイムのようなものです。

9つの敏感期を知り、適切な環境を整えることで子どもが持つ能力を最大限引き出してあげられることでしょう。

ただし、敏感期は一度終わってしまうとその後の人生で訪れることは二度とありません。

我が子の敏感期を逃さず把握し、素敵な子育てにしていきましょう♪

モンテッソーリ教育のメリット

モンテッソーリ教育を学び、実践していくことで主に次のメリットがあります。

  • 子どもが生き生きと毎日を過ごせるようになる
  • 非認知スキル(考える力、やり抜く力など)が身に付く
  • 平和を愛する調和のとれた人格が形成できる

他にも、今まで不可解で奇妙なだけであった子どもの行動が『意味や根拠のあるもの』だと理解できるようになり、イライラすることも激減しました笑

さらに、子育てを通して親も人間的に成長することができます。

【ここで一息】パパにこそ学んでほしい、モンテッソーリ教育

モンテッソーリ教育は夢物語やスピリチュアルな精神論ではなく、医学、生物学、心理学などの科学的事実に基づいた教育メソッドであり、子どもの成長を論理的に理解することができます。

物事をより論理的に考える男性脳の持ち主であるパパさんにこそ、学んでほしい教育法なのです。

また、知識をつけることで子育てのハードルがぐっと下がり、自信を持ってお子さんと接することができますよ。

「パパこそモンテッソーリ教育を学べ!」 声を大にして叫び続けます笑

この記事を読んでくださっているママさんがいらしたら、ぜひパートナーの方に紹介してみてくださいね♪

おうちで実践できる?

ここまで、モンテッソーリ教育の概要や魅力的なメリットを紹介してきました。

「モンテッソーリ教育を学んでみたい!」
「自分でもできるのかな?自宅でもできるのかな?」
このように感じていただいた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論、モンテッソーリ教育は家庭でも実践することができます!!

モンテッソーリ教育は主に「モンテッソーリ園」という場所で行われていますが、日本ではまだまだ園が少ない現状があります。

しかし、モンテッソーリ教育の本質は「子どもの成長段階に合わせて適切な環境を整えてあげること」ですから、その要素を取り出し、それぞれのおうちでもできることがたくさんあります。

簡単ですが、具体的には以下のような方法があります。

  • 手作りの「教具」を作ってあげる
  • 声掛けのタイミングや内容を変えてみる
  • 子どもを信じて待ってあげる

原点に立ち返って「子どもが今、何を学ぼうとしているか」を観察し、「おうちモンテ」に挑戦しましょう!

まとめ

子育てに絶対的な正解はありません。

しかし、子育てについて学ぶことで不安な気持ちが楽になったり、より良い家庭にしていくことができます。

モンテッソーリ教育は僕にとって子育ての“軸”となっていますが、みなさんに少しでも興味を持っていただけましたら幸いです。

<最後に>

全ての親が子どもに対して深い愛情を持って接し、子どもたちが幸せいっぱいな人生を送れるようになることも、僕の願いの一つです。

モンテッソーリ教育はきっかけの一つに過ぎません。

子育てについて考え、学び、実践していくことで少しでも多くの子どもたちが幸せになってくれることを願っています!

ここまでお読みいただきありがとうございました!

Twitterでも交流させてください♪
  • URLをコピーしました!
目次